女性の病気不正出血

女性の病気に不正出血がありますが、不正出血とは生理時以外に性器からの出血があることです。


不正出血に悩む女性が月経不順や月経痛と同様に多いそうです。


不正出血には器質性出血と機能性出血の2種類があります。


器質性出血とは生殖器に病気がある時の不正出血です。


器質性出血で考えられる病気には、子宮がんや子宮内膜症、子宮筋腫や卵巣がんなどがあります。


流産や子宮外妊娠などでも不正出血があります。


機能性出血とは、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスの崩れが原因の不正出血です。


機能性出血は思春期や更年期になることが多く、出血量は少量です。


不正出血の原因はさまざまですが、日本でもここ数十年で子宮がんになる人の割合が高くなっているそうです。


そして、不正出血の症状が出る人も多くなってきていて、割合が欧米に近づいてきています。


その原因のひとつとして考えられるのは、日常生活の欧米化です。


病気は毎日の生活からきていると言ってもいいでしょう。


食事は一日三食ちゃんと食べていますか。


洋食やコンビに弁当ばかり食べていませんか。


みなさんの生活は健康的な生活といえますか。


病気にならないためには、食生活に気をつけて身体作りをすることが病気の予防につながるのです。
女性の病気の不正出血は病気のシグナルです。


不正出血は状態や出血量はさまざまですが、出血量が少量だからといって放置しないで医師の診療を受けた方がいいでしょう。


病気が隠れているかもしれませんよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。